Created by Baby Kumon

mamasouとは

Baby Kumonフラワー
興味の種を刺激する
「広げる」体験を楽しもう!

Created by Baby Kumon

「広げる」は、子どもの好きなことや興味のあることをふくらませること

親子にちょうどよい子育てのために意識した5つのポイント「Baby Kumonフラワー」。2つ目のポイントは「広げる」です。
「広げる」とは、子どもの好きなことや興味のあることをふくらませること。
先輩ママたちは、どのように「広げる」体験を楽しんで実践しているか、ご紹介します!

1歳7か月の長男。パンダが好きで、絵本で見つけるとすぐに「パンダ!」と言うので、身近な通勤路や商店街でパンダさん探しをしてみたところ、次から次へと看板やポスターのパンダを見つけていきました。ほかにも、動物園でシマウマなど白と黒の動物をたくさん見せて、パンダとどう違うか考えてもらうようにしています。(くろうんもさん)

絵本を読んだり、ぬいぐるみを愛でたりして、動物が大好きな娘😍
実際に見たことのない動物のことはなかなか覚えられないし、実物を見に行ってみる?と聞くと行きたい!と興味津々だったので、先週馬を見に行きました(^^)
天気も良く、お馬さんは大きいながらも可愛いらしい目をしており見ていて癒されました(^_^*)
娘は馬の大きさとかっこよさに驚いていたようです✨(はらださん)

娘が掃除するときのコロコロに興味を持ち始め、私が使っているものを取ってコロコロしようと頑張ってたのですが、もちろん背丈が合わないので小さいコロコロを娘用に。。
お掃除楽しんでます (ポーコさん)

2歳7か月の男の子です。
最近はキッチンに来て料理を見たがるので、混ぜ混ぜやもみもみするのを手伝ってもらってます(^^)
加減がわからないので、こぼしたりつぶしたりしますが、「手伝ってくれて助かった」と言うようにしています(笑)(h.fmさん)

実践して感じた「広げる」を大切にしたい理由

どれも大切ですが、"広げる"を大切にしたいです。子どもの興味がむいたことを突き詰めてしまっていましたが、 Baby Kumonでは親として視野を広く持つ、大切さを毎回感じています。(萩さん)

娘の可能性や世界を広げてあげたいので、何にでも興味を持てる好奇心旺盛な子に育てたいです。
そのために私自身ももっと興味の幅を広げたり新しいことにチャレンジし続けたいです。(まいこうやさん)

「広げる」を大事にしたいです!息子が5か月になりました。目がよく見えるようになって外に出かけると眠らずキョロキョロ周りを見渡してます。知らない人からも声をかけられると喜んで笑顔を振りまいて人にも興味を持っているようなので、とにかく今は広く何でも吸収して刺激を受けてほしいなと思います!(furamingogasukiさん)

Baby Kumonでは、教材の中でも毎号Baby Kumonフラワーのテーマの紹介をしています♪

子育てに関するアドバイスがたっぷり詰まった保護者の方向けのBaby Kumonの教材、「やりとりレシピ」。「広げる」のやりとりでどんなところが大切なのかは、「やりとりレシピ」3号でも詳しく解説しています!

子どもの「好き」を遊びの世界に誘導し、ふくらませてあげると、子どもは遊びを通してさまざまな新しい発見をし、自分のものにしていくのですね。

まとめ

「よく見る」から続く「広げる」には、よく見て発見したお子さまの興味の種から芽が出る瞬間と言えるかもしれません。絵本に出てきた好きなものを実際に見てみる、触れてみる、親子で一緒に体験する時間を楽しむことから、新しい発見がたくさんありそうです。さらに続く「ほめる」、「待つ」、「続ける」もぜひご覧ください♪

この記事を読んだあなたにおすすめ

親子のやりとりがもっと楽しくなる

Baby Kumonは
お子さまの発達に合わせて使える教材と
月1回くもんの先生とお話しする
Baby Kumonタイムの組み合わせ。
Baby Kumonのことがもっとわかる
動画やデジタル資料はこちらから。

※タップすると音声が流れます

お子さまの年齢を教えてください

3歳以上のお子さまはこちら

とじる