Created by Baby Kumon

mamasouとは

Baby Kumonフラワー
「待つ」ことで見える成長、
実感してみよう!

Created by Baby Kumon

「待つ」は、子どもの状況に応じて、見守り待ち、必要なときに手を差し伸べること

親子にちょうどよい子育てのために意識したい5つのポイント「Baby Kumonフラワー」。4つ目のポイントは「待つ」です。
「待つ」とは、子どもの状況に応じて、見守り待ち、必要なときに手を差し伸べること。
どうしてもお子さまを心配して、先回りしてしまうときもありますが、先輩ママたちは、どのように「待つ」を実践していたか、ご紹介します!

掴んで食べる練習中です。
ジロジロ、食べてはポイ。
焦って私がつい食べさせていたのですが、
ゆっくり、彼のペースを待っていたらパクリ!
本人のやる気を削がないって大事ですね👶 (野口裕子さん)

息子の口癖は「できない!ママやって!」
いつもはこの「できない」と時間に押し切られ母が手出ししてしまいます。
ですが、昨日は「自分ができないと思っても『できる!』って口に出して言ってみよう。できるようになるおまじないをかけるよ」といい、子が自分で完遂するまでまちました。(あいうえお順さん)

10か月の息子が、バナナをぐちゃぐちゃにして感触を確かめ、ポイっと床に落とし…としつつも、手で掴んで口に運んでゆっくり食べている姿を、早くお掃除したい気持ちを抑えつつ見守りました。
息子にしてみたら初めての感触、初めての味。じっくりゆっくり確かめて学んでいるんですよね。おおらかな気持ちで見守ってあげたいなと思いました!(つばみさん)

自分の脱いだ服は、脱衣所のカゴまで運んでくれるのですが、これがまた時間がかかります。途中で、服のズボンやシャツなどが落ちては拾いを繰り返してゴールにたどり着きます!!しっかり見守れました♡ (aoaoさん)

何でも自分でやりたがるお年頃!
パジャマも全然着られないのに自分で自分!と叫んで泣く。
ママがやった方が速いのに、じれったいと思ってイライラしてしまう事ありましたが、お着替え出来るまでママが歌うねーって好きな曲を歌う様にしました。
歌っていると時間が短く感じるのでイライラが減りましたし子どもも喜びます。
なんでも待ってあげる時は歌うのが日常になりました(╹◡╹)(あみぞーさん)

1歳4か月の娘。今朝ご飯を食べ終わった後、直ぐに席を立って走り出しました。そしてすかさずウィットティッシュを出しました。
いつもなら怒ってとりあげるところですが、少し観察しているとウェットティッシュを1枚だけ取り、手を拭いて口を拭いて、床を拭きました。(上手く拭けてはいないけど、拭こうとしていたようです)
私がいつも娘にやる順序で行なっていました。もう悪戯だけじゃなくて、自分の中でちゃんとわかってやっているのだな。なんでも先回りして取り上げてはいけないなと思いました。(おちゃるさん)

実践してわかった「待つ」の大切さ

下の子が生まれてから、「待つ」のが出来なくなっていました。
出来るまで待ってあげるように心がけるようになると自然とガミガミ言うのも少なくなり、息子もママに対してもっと素直に甘えてきたり出来るように。親子関係も良くなったと思います。(りいたんさん)

何でも親がやってしまえば、短時間で効率的にでき、結果的に親は「ラク」なのですが、子どもにやらせることで、手先の器用さや集中力を高めることもでき、何より子どもの成長に繋がると思いました!
・食事を食べさせるとき
・靴や靴下をはかせるとき
・着替えさせるとき
などなど。気長に待って、我が子の成長を応援したいものです!!(^v^)(COOkieさん)

早くしてほしいなぁと思ってもじっと待つ。
そのうちに一つ、また一つと出来ることが増えて早くなっていく。
そうすると、お母さんの気持ちもゆったりとしてまた待ってあげられる。
子育てはその繰り返しなんだろうなぁと思います。(ぶるっコさん)

Baby Kumonでは、教材の中でも毎号Baby Kumonフラワーのテーマの紹介をしています♪

子育てに関するアドバイスがたっぷり詰まった保護者の方向けのBaby Kumonの教材、「やりとりレシピ」。Baby Kumonフラワーの「待つ」については、「やりとりレシピ11号」でも詳しく紹介されています♪
テーマは、<私の「待つ」、わが家の「待つ」>です。

「待ち方は、みんなそれぞれ」です。自分なりの「待つ」を知ることで、少し楽な気持ちで待てるかもしれませんね♪

まとめ

先回りして、何かを止めてしまっていたら見えない「成長のきっかけ」が、「待つ」の先にあるのかもしれません。早く食べてほしい、寝てほしい、という気持ちを少しだけ置いて、肩の荷を下ろして、お子さまの様子を見守り待てるようになれたらいいですね!次は最後の「続ける」です。ぜひご覧ください♪

この記事を読んだあなたにおすすめ

親子のやりとりがもっと楽しくなる

Baby Kumonは
お子さまの発達に合わせて使える教材と
月1回くもんの先生とお話しする
Baby Kumonタイムの組み合わせ。
Baby Kumonのことがもっとわかる
動画やデジタル資料はこちらから。

※タップすると音声が流れます

お子さまの年齢を教えてください

3歳以上のお子さまはこちら

とじる