Created by Baby Kumon

mamasouとは

Baby Kumonフラワー
「続ける」ことで家族の宝物、
見つけよう!

Created by Baby Kumon

「続ける」は、歌いかけや読み聞かせなどの「ことばのやりとり」を子どものペースに合わせて続けること

親子にちょうどよい子育てのために意識したい5つのポイント「Baby Kumonフラワー」。最後のポイントは「続ける」です。
「続ける」とは、歌いかけや読み聞かせなどの「ことばのやりとり」を子どものペースに合わせて続けること。
先輩ママたちは、どのように「続ける」ことで成長を実感しているのか、ご紹介します!

絵本の読み聞かせ!めんどくさい日もあったけど、絵本好きになってほしいと読んでと言われたら断らず読み続けた結果。1人で鞄に絵本を選んで何冊も入れて、一冊ペラペラ見て、全部目を通してます。将来、図書館に行って、親も子も、自分の好きな本を読んで過ごすことができるかなっと期待!(あさえさん)

一度泣き出すと何をやってもとまらなかった娘(10か月)。
私が根気よく笑顔で歌い続けていたら、ある日ピタッと泣き止み、それ以来「笑顔+童謡」でなんとかおさえています。あきらめずにいろいろ試し続けて良かったなぁ、としみじみ思っています。(かに歩きさん)

寝る前に1日の振り返りをすること。
小さい頃は、私が振り返りを話し、子どもが話せるようになったら子ども自身に振り返りをしてもらっていました。
自分の言葉で話す練習にもなったし、子どもが1日の中で印象的だった出来事が分かります。
母親の私と子どもでは印象に残ってることが違ったりして、楽しいです。(Teaさん)

2歳の息子がいます☆何かを習慣づけることはなかなか時間がかかりますが、お外から帰ったら、自分で靴をしまって、そのまま洗面所へ手を洗いに行くということを覚えてもらいたくて、毎回帰るたびに根気強く誘導してあげてたら、お片づけ~と歌いながら靴をしまって、早足で洗面所へ向かっておてて、おててって言えるまで覚えてくれました!
外から帰ったら手を洗うことは大事ですし、きちんと覚えてくれて安心しました(^^)  (まこりんこさん)

臨月に入った頃から3歳になる息子が赤ちゃん返りしてしまい、情緒不安定になってしまいました。でも怒らず、優しく、「赤ちゃん可愛いよ、一緒に遊べて楽しいよ」と赤ちゃんについて教えてあげました。
2日前に無事次男を出産し、お兄ちゃんになりました♪さっそく会わせたのですが、お兄ちゃんはなんと!なでなでしたり足を触ったりしては大笑いしていたんです(^▽^)赤ちゃん♡赤ちゃん♡と言って嬉しそうでした。
私も涙が出るくらい嬉しかったです。
めげずに「赤ちゃんのことを教える」続けて良かったです。
生まれる前に赤ちゃん返りしちゃうことってあるんだなぁと勉強になりました(^^)笑 (あやたまご♪さん)

ベビークモンを始めたのが、息子が2,3か月の頃です。先生は、そんな息子に、出席シールを貼ろうと言って、一緒に貼りました。
最初は、首すわったばっかりの子に…と、否定的でも肯定的でもなく、といった感じでいましたが、毎月毎月回数を重ねるごとに、少しずつ出来るようになって来る姿に、とても嬉しい気持ちになりました。
まだ出来ない、まだ分からない時期から関わり続けることの大切さを感じました。2歳8か月になる今では、シールが大好きで、くもんの宿題のご褒美に自分でペタペタシールを貼っています。 (ぽちぽちぽちさん)

約一年前に、2ピースの物から始めたパズル遊び。最初は2ピースの物でも息子にとってはうまくはめるのが難しく、パズルを渡しても、自分でするのではなく、私に「やって!」と言わんばかりに差し出してばかりいました。
でも私がはめているのを見て覚え、次第に2ピースの物ができるようになり、3、4、6、9ピースの物へと段階を経て、2歳2か月になった今は、20ピースの物をスラスラ自分でできるようになりました。
「ここ、くま!」「ここ、サッカーボール!」などと話をしながらパズルのピースを夢中で探しています。
パズルが完成する度に、パズルの箱の絵と見比べて、とても満足そうです。息子なりに達成感を感じているようで、成長を感じます(o^^o) (ごうくんさん)

実践してわかった「続ける」の大切さ

4か月の娘。新生児の時から読み聞かせ続けた本がいつの間にかお気に入りになったようで、どこに置いてもその本の方向を向きます。寝返りの練習やずりばいの誘導ツールとしても大活躍中。ちょっと前まで、全然興味なさそうだったのに...。急に興味が湧き出したようで、続けてきて良かったと思った瞬間でした。(semさん)

積み木を積んだり、パズルをしたり、グーパーをしたりと、いろいろ教えるのですが、本人も途中でいやーってなったり、私もできないから、また今度でいいやと思ってしまってます(>_<) これからも根気よく『続ける』を大事にして、親子共々頑張る&達成感を味わえるようにしたいです!(まいちゃんママさん)

4歳0か月の息子。生後3か月からBaby Kumonに通い、絵本の読み聞かせも継続していました。
私は、どちらかというと感情を込めないと読めない(淡々と読むのが苦手)のですが、字や文を読む事が出来るようになった息子が絵本を読んでいる姿が私にそっくり…初めて読む絵本でも、感情をのせて読む事が出来ていているので驚きです!(ぽちぽちぽちさん)

Baby Kumonでは、教材の中でも毎号Baby Kumonフラワーのテーマの紹介をしています♪

子育てに関するアドバイスがたっぷり詰まった保護者の方向けのBaby Kumonの教材、「やりとりレシピ」。Baby Kumonフラワーの「続ける」については、「やりとりレシピ12号」でも取り上げています。
テーマは<続けることで見つかる宝物>

「子育てに悩むことがあっても、どんな小さな親子のやりとりも無駄なものはひとつもない」ということが書かれています。親子の「きずな」という土台に、子どもはどんどん興味関心を積み重ねていくのだと思うと、日々の何気ない遊びもかけがえのないものになっていきますね!

まとめ

その時は、何度も何度も繰り返すことがちょっぴり大変な「続ける」ことですが、振り返ってみると、みなさんとっても大切な成長を実感されていました。そこからまた新たな興味関心が芽生え、もう一度、「よく見る」へと移っていくのですね!みなさんも一緒に、Baby Kumonフラワーを通して、お子さまの成長をぐんぐん育んでいきましょう♪

この記事を読んだあなたにおすすめ

親子のやりとりがもっと楽しくなる

Baby Kumonは
お子さまの発達に合わせて使える教材と
月1回くもんの先生とお話しする
Baby Kumonタイムの組み合わせ。
Baby Kumonのことがもっとわかる
動画やデジタル資料はこちらから。

※タップすると音声が流れます

お子さまの年齢を教えてください

3歳以上のお子さまはこちら

とじる