mamasouとは

暮らしの中ではぐくむ
“子どもの学び” とは?

Created by Baby Kumon

見に来てくれてありがとう。
「毎日の暮らしの中で“子どもの学び”って、どうはぐくめるんだろう?」と悩むママに、この記事をおすすめするよ!先輩ママたちの実践を参考にしてみてね。

「暮らしの中で子どもの学びにつながることをしてあげたい」先輩ママたちは、こんな工夫をしてました!

絵本を身近に感じられるよう、至るところに置いています!
プレイルームの本棚、リビングのソファ、キッチン横等…、私が料理中に、1人で本をめくって読んでいることも増え、私がキッチンから読むと、タイミングよくめくってくれます(^ ^) (なごみさん)

毎日お風呂に入る時の習慣として、湯船で数を数えています。最近はお風呂ポスターでひらがなの練習をしています。以前は(新生児の頃から)体を洗いながら洗っている身体の部位や上下左右を言ってます。時々英語で言ったりもしています。出来るだけ向い合わせでなく、子どもと進行方向を合わせてしてみると、覚え間違いしにくいようです。(りょうの母さん)

子どもがやりたい!って言ったことや、夢中になってやってることについて、口出ししたりせず、出来るだけ子どものやりたいようにさせてます。子どもはお絵かきが大好きで、一日中絵を描いています。壁や家具に描いてしまって困ることもあるのですが、壁にチラシなどの紙を貼って、落書きしても大丈夫なようにしてます!こうすると壁も汚れず、子どもも楽しそうで、いつも描いた絵を褒めてあげています。(うーちゃん8号さん)

 

わが家は午睡が終わってから絵本タイムを設けています❗️
まずは所定の場所(絵本棚)へ私がひとりで取りに行き、ちょっと寝ぼけている息子くん(たまに泣いている)の注目をひきながら絵本を持って導入の歌を歌ってあげると…
あら不思議!息子くんは笑顔になり私の方へハイハイしながら寄ってきます。
その後は私の膝に座らせて私が読んでは息子くんがページをめくるという感じでコミュニケーションをとりながら絵本を読んでます。
食べ物が出てくると必ず息子くんの口に食べさせるふりをすると、いつしか息子くんは自分でも絵本を口に当てて食べるふりをしながら楽しむようになりました。(ぷりぷりさん)

 

「チューリップ」「鳩」など童謡のあるものは、本物を見た時は必ず一緒に歌うようにしています笑
1歳5か月の娘は、今では外でチューリップなどを見た瞬間、横に揺れて歌のリズムをとり始めています。
意外と子どもの出会うものって、何でも童謡があるので、レパートリーには困りません。(おうすちゃんさん)

日々の親子のやりとりを通して、「学習に向かう姿勢」をはぐくむBaby Kumon!

「学習に向かう姿勢」=非認知能力をはぐくむのに大切な0~2歳台。語りかけ、歌いかけ、読み聞かせや、親子の楽しいやりとりを通して、自然に非認知能力をはぐくんでいけるのがBaby Kumonです。
Baby Kumonは絵本などのBaby Kumonセットと、月1回くもんの先生とお話しするBaby Kumonタイムがセットになっています。
実際にBaby Kumonの教材を活用して、お子さまの成長を楽しんでいる先輩ママの声をご紹介します!

Baby Kumonのやりとりぶっくはちょうど良いサイズで楽しめるので、1歳6か月の娘はよく手に持ってやってと渡してきてくれます。色々なものが詰まっていて、「トントントン叩いてみよう」のページで、扉は叩くと覚えてくれたようでトイレの扉を叩いてくれます。
Baby Kumonのお陰で、色々なものに興味を示し、吸収してくれています。
くだもの野菜カードも大好きで最近は「みかん」を覚えました。(ますピーさん)

Baby Kumonの教材は、娘の興味や好奇心をひくものが多く、うたぶっくは児童館でもよく聴く歌ばかりですし、絵本もテイストが異なるので飽きずにその時その時で自分の興味があるものを選んで、「読んでー」と持ってきてくれます。
中でも、やりとりぶっく&やりとりノートは、娘と自然にコミュニケーションがとれる作りなので、娘への話しかけが増えて、そのおかげなのか娘の発話が早く、ボキャブラリーの数も多いといろんな方に言って頂いてます。またBaby Kumon教室に通うことで、私の見よう見まねで靴を脱いで揃えたり、帽子を脱いだり、先生にご挨拶したりという習慣を自然に覚えている所に娘の成長を感じます(^^) (おうのさん)

Baby Kumonの教材は、毎日の遊びに自然に学びの要素を取り入れられる工夫がいっぱい!

絵本やカード、うたをとおして親子の楽しいやりとりができるBaby Kumon。さらに、月に1回のBaby Kumonタイムでは、くもんの先生から子どもに合った教材の使い方や親子のやりとりについてのアドバイスも。大切な0~2歳台の時期の親子のやりとりを安心して続けられるようサポートします。

まとめ

暮らしの中に“こどもの学び”のチャンスはたくさんありますね!Baby Kumonには、子どもとのやりとりを自然に楽しめるヒントが盛りだくさんです。日常生活に取り入れて、親子のやりとりを楽しんでみてくださいね。

この記事を読んだあなたにおすすめ

親子のやりとりがもっと楽しくなる

Baby Kumonは
お子さまの発達に合わせて使える教材と
月1回くもんの先生とお話しする
Baby Kumonタイムの組み合わせ。
Baby Kumonのことがもっとわかる
動画やデジタル資料はこちらから。

※タップすると音声が流れます

お子さまの年齢を教えてください

3歳以上のお子さまはこちら

とじる