Created by Baby Kumon

mamasouとは

先輩ママたちは、
Baby Kumonから続く公文式学習に
どんな魅力を感じてる?

Created by Baby Kumon

見に来てくれてありがとう!
Baby Kumonから公文式学習に進む方も多い中、気になる公文式の魅力について、先輩ママたちがどう感じているのか、声を集めてみたよ♪公文式学習で伸びる理由も参考にしてみてね!

公文式学習で伸びる理由は4つ!

一人ひとりの可能性を信じ、その能力をさらに引き出すプログラムが公文式学習です。
時代や国によって変わる学習指導要領にとらわれない独自のプログラムだから、海外にも広がっているのがKUMONの強みです。

1 個人別・学力別学習

公文式は、年齢や学年にとらわれず、一人ひとりの力に応じた「ちょうどの学習」で、「学年を越えて進む」ことを目指した学習法です。学ぶ楽しさやできる喜びを育みながら学力を高め、一人ひとりの能力を最大限に伸ばします。
進むペースはお子様によって様々ですが、なぜ学年を越えて進めるかというと、できるまで練習してから次のステップに進むからです。わからないことをわからないままにしないからこそ、これまで培った力をもって先の内容にも挑戦できるようになります。

2 自学自習で進む

「自ら学ぶ力」を大切にしている公文式では、教材を自分で読み、考え、解き進んでいく「自学自習」形式で学習を進めていきます。初めて出合う課題を自分の力で乗り越えた経験は、やがて夢や目標に挑戦する力になっていきます。
もちろん幼児さんは、初めのうちは学習の補助が必要ですが、やがて自分の力で解き進められるように成長していきます。

3 スモールステップの教材

公文式の教材は、やさしい問題から高度な問題へ、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。ですから、常に一人ひとりにあった「ちょうどの内容」を、自学自習でスムーズに進んでいくことができます。2歳~3歳の小さなお子様でも、小学生でも、中学生以上のお子様でも、自分にあった教材が必ずあるのが公文式なのです。

4 KUMONの指導者

そんな子どもたちの「一人ひとりのできること」を見つけて、可能性を引き出す存在。それがKUMONの指導者です。学力や個性・気持ちをきちんと把握したうえで、「ちょうどの学習」ができるようにサポートします。

先輩ママからはこんな声が寄せられています!

分からないところを分からないままにしないという点も良いなと思いました。
私自身は理数系が苦手なのですが、今思えば分からないところを放置してきたから苦手になったのかなと思うので、子どもの理解度を見てちゃんと習得してから次のステップへ進めるのは良いと思います。(ひよままさん)

毎回、名前を書いたり時間を記入するので、小学校入学前に自分の名前を書くことや時計の読み方を覚えることができました。(ちなマムさん)

やはり年齢に合わせた教育的カリキュラムの組まれている教材は、子どもの学力向上に貢献してくれるのかな?と感じます!まだ小さいこどもには、学ぶことは楽しいことだと気付かせてくれる、魅力的な教材はありがたいですよね(๑╹ω╹๑ ) (はらださん)

公文が伸びる理由はスモールステップの教材が一位は納得です。
できた自信をもってもっとやってみたいと次のステップに進み、向上心にもつながり、自ら学ぶ力を小さいころから養えるのは素晴らしいと思います。(秋桜さん)

 

息子の場合は(個人別・学力別学習)のおかげで今も続けていられるところがあると感じています。
といいますのも、スモールステップだけでは飽きてしまうようで(´・ω・)
難しいと感じた場合は少し前の教材と合わせて息抜きができるように、選んで出していただいたりもしています。 (konさん)

まとめ

お子さんの力に合わせた教材と、自ら学ぼうとするお子さんの力、サポートする先生の力が合わさるから、公文式学習でお子さんが伸びていくんですね!Baby Kumonから通っている子はもちろん、通っていなくても公文式学習からスタートいただけます。先輩ママたちの声も参考にしてみてくださいね。

この記事を読んだあなたにおすすめ

親子のやりとりがもっと楽しくなる

Baby Kumonは
お子さまの発達に合わせて使える教材と
月1回くもんの先生とお話しする
Baby Kumonタイムの組み合わせ。
Baby Kumonのことがもっとわかる
動画やデジタル資料はこちらから。

※タップすると音声が流れます

お子さまの年齢を教えてください

3歳以上のお子さまはこちら

とじる